<   2007年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

5月30日

5月も今日明日限りとなってしまった。
明後日は那珂川の鮎解禁。
各河川は水不足が気がかりのところ、今日の雨は恵みの雨となるか?
e0094102_13575617.jpg
庭のグミが宝石のように輝いている、いつも鳥にやられてしまうのだが、今年は鳥があまり来ない。
虫も少ないような気がする。


e0094102_14101683.jpg
前に5角形の12面体を作ったことがあるが、今度は5角形と6角形を組み合わせて30面体を作ってみた。
サッカーボールの模型である。

久しぶりに数学を思い出して試行錯誤しながら、頭の体操をした。
手先がこわばって細かい作業はうまくできない。
本当は、5角形には5弁の花の絵を貼り付け、6角形には6弁の花の絵を貼り付ける予定だったが、鮎釣りの支度もあるし今回はこの程度で終わりにする。

五六の会というサークルがあった、5丁目と6丁目の有志の集いで、まじめに町つくりを考えたものだった。

五ちゃんと六ちゃんという仲のいい猫がいますよね、花の代りにどうかな?ナンチャッテ。
失礼
[PR]
by stonehisasi | 2007-05-30 14:48 | 園芸 | Comments(4)

植物・・・浪漫 4


葡萄の実生
e0094102_9281094.jpg
昨年の秋10月中旬だった、近所の家の葡萄をいただいて食べたところその旨さにびっくり、品種を訪ねたが分からないという。
色や大きさから考えてたぶんロザリオ系と思う。
是非苗が欲しいと思うが、カタログを見ても見つからない、そこで挿し木、実生を試みた。
駄目でもともと、挿し木は室内で管理、種は2鉢に埋めておいた。

挿し木は春先に植え替えた、根ははっていたが芽が大きくなっただけで成長は止まってしまった。

一方、実生の方はそれぞれの鉢に2本ずつ芽が出てきた。
海のものとも山のものとも知れないかわいい芽だ。


e0094102_9472060.jpg
きょう、5月24日には更に1芽出てきた
合計5芽である。

初めのものは葉が5枚になった、葉の形は葡萄に間違いない。

さてこれから何年したら実が生るのだろうか?


去年の春、迷い猫が餌をもらいに来た、いっそ飼い猫にしようかと思ったが、猫の寿命が20年と聞いて、とても最後まで面倒は見てやれないと思い諦めた。
葡萄の苗も実が生るまでは確約できないが、できれば見届けたいものだ。

実生は新種を生むことがあるので、今までにないいいものが生まれる可能性もある。

郷里の山梨に持って行って、役立てられるか?     夢のまた夢
[PR]
by stonehisasi | 2007-05-24 10:17 | 園芸 | Comments(4)

オキナグサの種まき

e0094102_942827.jpg
オキナグサの花が終わって今は綿毛の時期、
タンポポの綿毛のように風に吹かれると飛んでいく。

自然に発芽するらしいが、何処へ飛んでいくか分からないから、鉢に播いておく。

夏の終わり頃には発芽する、年内には小さな苗が出来る。
冬には葉が枯れるけど根はのこる。
年が明けて春には芽が出てのびる。
更に翌年になれば花が咲く。

オキナグサは移植が難しい、根を傷めると枯れることが多い。


e0094102_9192195.jpg

綿毛の先に小さな種がある、鉢の中央に種を播いて覆土する。

潅水は種を流さないように優しくしなければならない。

オキナグサは宿根性多年草ではあるが意外に寿命が短い。

鉢植えの場合は種まきをして更新するのが良い。

種まきをして発芽を楽しみに待つ。
[PR]
by stonehisasi | 2007-05-20 09:33 | Comments(2)

ネキリムシ

順調に育っていたトウガラシをプランターに定植してやれやれと思っていたのに、殆ど根本から倒れてしまった。
土を掘り返してみたら、カブトムシの幼虫を小さくしたような白い虫がいっぱい出てきた。
これがネキリムシだ。

今年は早めに温床で発芽させていい苗を作ったのに、思わぬ害虫にやられてしまった。
トウガラシは害虫にやられることが少ないので、無農薬で育てられるとばかりおもっていたが、意外な結果となった。

仕方ないこれから種まきをしよう。
[PR]
by stonehisasi | 2007-05-16 10:19 | Comments(2)

植物・・・浪漫 3

柚子の花
e0094102_9342426.jpg
桃栗三年柿八年柚子は遅くて拾八年
ということわざがありますが、この柚子は30年くらい経ったでしょうか、ずっと前のことで記憶も定かではない。
一昨年、一つだけなっただけ、でもこれから毎年なるだろうと期待したのに去年はならなかった。

さて、今年は?

    花が10くらい咲いています。
白い花です。花弁は5枚、星型の端正な形をしています。



星型といえば、古代ギリシャのピタゴラス学派の紋章。

昔々、中学生の頃、正五角形の作図を習ったときの感動がよみがえる。


e0094102_108415.jpg
サッカーに夢中の孫の歓心を得たいと、正十二面体を作った。

サッカーボールは5角形と6角形を組み合わせているようだ。

柚子の花もよく見ると、6枚のものもある。

不思議だな~
[PR]
by stonehisasi | 2007-05-11 10:57 | Comments(2)

植物・・・浪漫 2

カリン
e0094102_9521076.jpg
「この苗は実生だからよく生るよ」と云って渡してくれたのは、従兄弟のS。

彼がまだ元気で、現役の園芸農家の主人だった頃のこと。

50センチほどの小さな苗が今は3メートルにもなって、毎年いい実が生る。

今年もいっぱい花が咲いて、実をつけている。


e0094102_1052362.jpg
 
カリンの実は秋に焼酎漬けする。

咳の特効薬。

夫婦二人とも咳き込むことが多い、寝る前に一口飲むと、調子がいいようだ。

従兄弟のSは、事故で車椅子の生活を余儀なくされている。

*********
 
実生の苗が何故いい実をつけるのか私にはわからない、むしろ、逆に良くない場合が多いときいたが??

昨年、種を播いたらいっぱい苗が出来た。家ではもういらないので、苗を道端に出してご自由にお持ちくださいとはり紙をしておいたら、アッというまになくなった。誰かの手で育てられたら嬉しい。
[PR]
by stonehisasi | 2007-05-06 10:27 | Comments(2)

植物・・浪漫

e0094102_13243886.jpgネーブル
この場所に、柚子の古木があった、その柚子が枯れてしまったので、夏蜜柑の苗を植えた。
実がなるのをじっと待った。
5年、10年、15年、   20年・・・・・・
諦めかけた頃、釣りすぎて始末に困った魚を、根本に埋めた。

その翌年から実がなるようになった。
夏蜜柑ではなく、ネーブルがなった。

今、そのネーブルの花が、枝もたわわに咲いて、いい香りを放っている。

e0094102_13462560.jpg紅花ウツギ

那珂川の鮎解禁の日、近くの農家の庭に咲いていた紅花ウツギを一枝いただいて挿し木にした。

順調に育って、毎年花が咲く。

当地では5月の初めには咲くけれど、那珂川のほとりでは6月上旬である。


鮎鈎が近づいたよ! とささやいてくれる。


今年もその時期になったのだ。
[PR]
by stonehisasi | 2007-05-01 14:02 | Comments(2)