カテゴリ:園芸( 8 )

タイトル  ナガミヒナゲシ

ナガミヒナゲシ

e0094102_11525718.jpg今年の冬の寒さの影響か?
近辺には、ナガミヒナゲシの花が見えない。
早朝電チャリで一回りしてみました。


e0094102_1153731.jpg去年よく咲いていた見覚えの場所でひと株見つかりました。




取引のある工務店のイベントに参加しました、
去年は関東地方大震災の影響で出来なかったが、
今年は無事に開催出来て良かった。
人気は手作り工作教室で長い列ができていました。
[PR]
by stonehisasi | 2012-04-22 12:26 | 園芸 | Comments(10)

トマトとオキナグサ

e0094102_1030215.jpg


e0094102_1164227.jpg


蒔かぬ種なのに、大きくなった、花のつき方からミニトマトだ。
苗を買うタイミングが悪くて、買い損なったが、この苗で実が採れるか???

オキナグサの種を蒔いておいた鉢をルーペで見たら芽が動き出したようだ。

写真にしても判らない程の小さい芽が無数にある。

次世代のオキナグサが確保できたので一安心。

水の管理さえ気をつければいいのだ。
[PR]
by stonehisasi | 2008-05-28 11:18 | 園芸 | Comments(2)

3月13日

トウガラシの苗作り
e0094102_95133.jpg
去年の実から種を選択。


e0094102_9522024.jpg
殻を破って中から実を取り出す。


e0094102_9533871.jpg
発泡スチロールの容器に、熱帯魚用のヒーターをセット。
水を4~5センチ入れて温度を30度に設定する。
小鉢に種を播いて入れる。
これまでの経験では、2日で発芽する。
双葉の中から次の葉が出てきたらポットに植え替えて、大きい容器に移して保温しながら生長を見届ける。
本植えは地温が25度になる頃にする。

そんな予定ですが、うまくいくかな?
[PR]
by stonehisasi | 2008-03-13 10:15 | 園芸 | Comments(2)

キンカンの旨煮

e0094102_946398.jpg
キンカンが鳥たちに狙われて、日毎に数が減る。
ジャムにしようか旨煮にしようか?
今年は、旨煮に挑戦。
竹串で穴を開けるように、5,6箇所突き刺して、たっぷりの水で煮立てる。
やわらかくなったら水にさらして時々水を取り替える、

水を切って砂糖を同量入れて煮詰める。

料理本を見ながらやってみた。

種が邪魔になるかと思ったが、意外に口の中で取り除けるよ。

男の料理としてはまずまずだろう。

たまたま遊びに来た孫が美味しいといって食べてくれた。
[PR]
by stonehisasi | 2008-02-18 10:04 | 園芸 | Comments(0)

屋上菜園

9月18日 曇り
屋上菜園のトウガラシも最後の収穫期を迎えつつあります。
e0094102_13225029.jpg
すでに2回葉トウガラシの佃煮を作ったが、あの時、根本から10センチ程で刈りとったのに、もう元気よく新しい葉が成長しています。

葉の厚みと実の大きさを見ながら、収獲の時期を探しています。



e0094102_13344621.jpg
庭の茗荷の根本を探したら、白い茗荷の花を見つけた。

毎日探せばいいのに、蚊に挿されるのが嫌でついこんなことになってしまいます。

トウガラシは連作障害が出やすいので、収穫後は土の入れ替えをしなければならない、
また、越年野菜をどうしたものやら、正月用の小松菜やホウレンソウ、エンドウも、そしてほそねぎも。

それにしても、種の1袋の量が多すぎて無駄ですよね。もっと小袋の種を考えてもいいじゃない?
[PR]
by stonehisasi | 2007-09-18 13:53 | 園芸 | Comments(2)

葡萄

9月14日
山梨の親戚から葡萄が届きました。
専門家が作る葡萄は、さすがに素人とは違います。
e0094102_105524.jpg

見た目も味も全く違います。
これは巨峰のように見えますが、名前聞きましたが忘れてしまいました。
巨峰ではありません。
e0094102_10592825.jpg

昨日の夕焼けです。
綺麗でしたがマンションが邪魔、
ビルの谷間で屋上にプランターを並べてささやかな園芸を楽しむしか出来ません。
今さら、転居もできないし、

せめてレンタル農園が近くにあればいいけれど・・・・・・
思わずため息が出てしまう日です。
[PR]
by stonehisasi | 2007-09-14 11:13 | 園芸 | Comments(0)

5月30日

5月も今日明日限りとなってしまった。
明後日は那珂川の鮎解禁。
各河川は水不足が気がかりのところ、今日の雨は恵みの雨となるか?
e0094102_13575617.jpg
庭のグミが宝石のように輝いている、いつも鳥にやられてしまうのだが、今年は鳥があまり来ない。
虫も少ないような気がする。


e0094102_14101683.jpg
前に5角形の12面体を作ったことがあるが、今度は5角形と6角形を組み合わせて30面体を作ってみた。
サッカーボールの模型である。

久しぶりに数学を思い出して試行錯誤しながら、頭の体操をした。
手先がこわばって細かい作業はうまくできない。
本当は、5角形には5弁の花の絵を貼り付け、6角形には6弁の花の絵を貼り付ける予定だったが、鮎釣りの支度もあるし今回はこの程度で終わりにする。

五六の会というサークルがあった、5丁目と6丁目の有志の集いで、まじめに町つくりを考えたものだった。

五ちゃんと六ちゃんという仲のいい猫がいますよね、花の代りにどうかな?ナンチャッテ。
失礼
[PR]
by stonehisasi | 2007-05-30 14:48 | 園芸 | Comments(4)

植物・・・浪漫 4


葡萄の実生
e0094102_9281094.jpg
昨年の秋10月中旬だった、近所の家の葡萄をいただいて食べたところその旨さにびっくり、品種を訪ねたが分からないという。
色や大きさから考えてたぶんロザリオ系と思う。
是非苗が欲しいと思うが、カタログを見ても見つからない、そこで挿し木、実生を試みた。
駄目でもともと、挿し木は室内で管理、種は2鉢に埋めておいた。

挿し木は春先に植え替えた、根ははっていたが芽が大きくなっただけで成長は止まってしまった。

一方、実生の方はそれぞれの鉢に2本ずつ芽が出てきた。
海のものとも山のものとも知れないかわいい芽だ。


e0094102_9472060.jpg
きょう、5月24日には更に1芽出てきた
合計5芽である。

初めのものは葉が5枚になった、葉の形は葡萄に間違いない。

さてこれから何年したら実が生るのだろうか?


去年の春、迷い猫が餌をもらいに来た、いっそ飼い猫にしようかと思ったが、猫の寿命が20年と聞いて、とても最後まで面倒は見てやれないと思い諦めた。
葡萄の苗も実が生るまでは確約できないが、できれば見届けたいものだ。

実生は新種を生むことがあるので、今までにないいいものが生まれる可能性もある。

郷里の山梨に持って行って、役立てられるか?     夢のまた夢
[PR]
by stonehisasi | 2007-05-24 10:17 | 園芸 | Comments(4)